2010年11月15日

多汗症の原因はストレス過多?

次に考えられる原因は、体質や生活環境によるものです。肥満体質や過度なダイエット、生活リズムの乱れ、性格的に神経質だったり、緊張しがちなタイプだったりと、ストレスを溜めやすい状況下に身を置いていることが、多くの原因のようです。

これらの原因の背後には交感神経の働きが大きく関係しています。交感神経とは、副交感神経とうまくバランスを取り合いながら、私たちが日々健康で過ごせるように作用しているものです。この交感神経が様々な原因により過敏になってしまうと、汗を大量にかくようになってしまうのです。こちらは上記とは逆に、手足などに部分的な発汗が見られることが多いようです。

生命がおびやかされる心配はありませんが、特に気になる人は、汗をかくことで更なるストレスを作り出し悪循環に陥ってしまいますので、病院に行って自分は多汗症なのかどうか、何が原因で多汗症を起こしてしまっているのか、相談してみましょう。

posted by りうざき at 19:36| Comment(0) | 多汗症の原因と対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

多汗症の原因は病気?

さて、多汗症の原因にはどのようなことが考えられるのでしょうか。大きく分けるとふたつに分類できます。まずひとつめの原因は、多汗症の裏に大きな病気が隠れているケースです。

代謝機能や自律神経などが障害される病気が潜んでいる場合には、汗をかきやすくなり多汗症のような症状を引き起こします。この場合、全身性の発汗が見られることが特徴です。また、内服している薬の副作用が原因で、多汗症の症状が現れることもあります。

汗をかくこと以外に、体調の変化、違和感があるときには、迷わず病院へ行き、一度は医師の診察を受け、その原因を知ることが大切です。


posted by りうざき at 19:36| Comment(0) | 多汗症の原因と対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

多汗症って何?

多汗症という言葉を最近よく耳にします。語尾に「症」という字が付くだけで、とても難しい症状のように聞こえますが、多汗症の定義は至ってシンプルです。汗をかく量が人より多い、これが多汗症です。

人は誰でも汗をかきます。

待ち合わせ場所に遅れそうで走ったり、友人とキムチ鍋をつついたり、炎天下の中を外出したり、映画を観て感動したときなど。私たちは、意外と多くの場面で汗をかいており、それは体温調節の役割を担う大切な生理機能のひとつでもあるのです。

そのため、どのくらいの汗の量で多汗症と呼べるのかは、一般の私たちには分類が難しいのですが、多汗症の場合は、気温の変化や運動などとは関係なしに汗をかくことが多いので、心当たりがある人は、少し振り返ってみるといいでしょう。

汗をかくということは、日常の生活と密接に関係していることですので、様々な悩みや問題を抱えている人が多いのも事実です。多汗症はシンプルだと先に言いましたが、症状で悩んでいる人にとっては、非常に複雑なものであり、その原因も同様で多岐にわたる場合が多いのが特徴です。

posted by りうざき at 19:11| Comment(0) | 多汗症の原因と対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。