2010年12月08日

多汗症対策で不快を軽減!

その他にも、水分調節を適切に行うことや油っこい食べ物を控えるなどの食事対策があります。水分を取るということは血液の流れをスムーズにしてくれます。逆に水分を抑えてしまうと血行が悪くなり、汗をかいたときに嫌な臭いを出してしまいます。脂質の多い料理を多く取ることも同様に臭いを発生させやすくしてしまいます。

だからと言って、水分をたくさん取って油っこい料理を全く食べない、という極端なことをすると、多汗症とはまた別の症状が引き起こされたり、身体のバランスが崩れてしまうので注意が必要です。何事もほどほどに調整することが大切なのです。また、かいてしまった汗の不快感を軽減するために、日頃から清潔に気を配るようにしましょう。シャワーを浴びる回数を増やしたり、着替えの準備をしておいたり、いつでも汗を拭けるようにタオルやウェットティッシュなどを携帯しておくなどの対策も、多汗症による不快感を予防するためにはかかせません。


posted by りうざき at 10:00| Comment(0) | 多汗症の原因と対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。