2010年12月07日

多汗症対策は心身ともにゆとりを持って!

では、多汗症を引き起こさないためには、どのような予防・対策法があるのでしょうか。基本的には生活習慣を見直すことが一番の予防・対策ではないかと考えられます。朝昼夜と適度でバランスの取れた食事を心がけ、早寝早起き、時にはゆっくりと仕事の疲れを癒すための時間の確保も必要でしょう。何か気になることがあっても、ほどほどのところで「まあいいか」と思える気持ちのゆとりも大切です。リラックスできる時間を増やすことで、自然と蓄積されたストレスは、徐々に小さくなり、多汗症の予防・対策となるのです。

また、自分が人より多く汗をかいてしまうことを、必要以上に気にすることは今すぐに止めましょう。いくら日々の生活をストレスの少ないものにしても、その心配ひとつが、更に交感神経を刺激し、悪循環で発汗を促してしまいます。いくら生活習慣などを見直して予防・対策を立てたとしても、それでは多汗症は予防することはできません。ひょっとしたら「人間、汗をかかなければ生きていけない」くらいの軽い気持ちで、多汗症もしくはその予備軍と付き合っていくことが丁度いいのかもしれません。

posted by りうざき at 12:54| Comment(0) | 多汗症の原因と対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。