2010年11月26日

多汗症の予防とストレスの関係

多汗症の予防は、交感神経に刺激を与えないことが一番と考えられています。多汗症を引き起こす原因は、様々であることを説明しましたが、全てに共通していることはストレスです。肥満体質の人はその体質ゆえに身体的なストレスが大きくかかります。

過労などで生活リズムが乱れてしまっている人は、食事量が減ったり睡眠不足になったりと、身体的にも精神的にもバランスが崩れてしまいます。もともとの性格上、些細なことをいつまでも気にしてしまう人や、緊張することが多い人にとっては、その性格を築き上げてきた期間と比例して、自身にも気づきにくいストレスを溜めてしまいがちです。

人がこのようなストレスと対面すると、無意識のうちに自律神経が異変をキャッチし、交感神経や副交感神経がバランスを取ろうとします。この交感神経の働きのひとつに、汗の分泌を促進する機能があるのです。そのため、交感神経に刺激を与え過ぎないようにするためには、ストレスを溜めないよう予防することが大切なのです。


posted by りうざき at 18:57| Comment(0) | 多汗症の原因と対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。